インターネットの主要回線はNTTがメインで提供している光ファイバー網です。
電話線に沿って整備されており、ほぼ日本全域を網羅しています。
かつてはADSL回線で、NTT基地局から電話線と同時に引き込み、壁に接続端子を設置することでパソコンと接続しインターネットを使うことが可能でした。
しかし基地局から遠く離れてしまった場合、送信ロスが起き通信速度が遅くなってしまうことがありました。

新たに光ファイバーが登場したことによって、基地局からの距離に関係なく誰でも高速でインターネットを楽しむことが可能になりました。
光ファイバーの登場は通信業界の多くの企業に衝撃を与えました。
今までにない通信速度でインターネットを行うことが可能になったため、より膨大な情報を一度に送受信することができ、多くの人に快適な通信環境を提供できるようになりました。
回線速度が上がったことで提供できるユーザー数の向上にもつながり、通信速度低下も避けることができます。

また光ファイバーのインターネットにより、固定電話の接続も可能になりました。
ADSLでは電話回線とインターネットの相互利用に関しては不便な側面がありましたが、光回線でインターネットを行うことにより電話回線をインターネットを使いながらでも快適に使うことができるのと同時に、固定電話料金の大幅削減にもなります。
現在では光回線でインターネットをしている家庭なら、固定電話も光回線に接続して使っている家庭が一般化しています。
その場合、固定電話の権利があれば市外局番からの番号を変えることなく使うことができます。
このときNTTの契約に関しては休止状態となり、請求はされなくなります。

この固定電話の休止期間には限度があり、ある一定期間以上休止状態から復帰されないと権利が無くなってしまうことがあります。
詳しくは問い合わせると答えてくれますが、権利取得は大きなお金のかかる問題だけに、安易に放置しておくと後々大きな問題ともなりかねませんので、固定電話の休止については注意しておきましょう。
現在多くのインターネットサービスがある中で、やはり主要企業はNTTが提供しているフレッツ光です。
フレッツ光は提供企業のバックを武器に豊富なサービスを提供しています。
フレッツ光の普及を背景に通信業界の多くはフレッツ光に重ねてサービスを提供するか、またはフレッツ光からの転用を特典条件にするなどの企業も出てきています。

プロバイダについても知っておきたい

インターネットを使うには光回線事業者とは別に、プロバイダと呼ばれる光ファイバーへ接続するための会社と契約を行う必要があります。
このプロバイダにもフレッツ光を背景に、NTT系のものと全く別のものとが存在しています。
それぞれ個性的な料金プランやサービスを提供しているので、選択肢は様々です。

近年であれば、携帯電話回線と光インターネットのサービスをまとめることで一ヵ月の通信費を安く節約することができる、光コラボが一般化しています。
auひかりやNURO光であれば、電力系のインターネットを申し込むことで携帯電話回線の割引きを受けることができます。
auひかりやNURO光については電力系の電線網を使ったインターネットとなり、今までフレッツを使っていた人の場合には、別途工事が必要になります。
光コラボについては割引きが二年間なので、携帯電話の契約時期に合わせて申し込む人が多い傾向にあります。

しかし中には工事費が高くつくために申し込みを見合わせる人や、契約を乗り換える際に解約金や手数料が必要となるために、申込みを見合わせる人も少なくありません。
インターネットは確かに現在ではまだまだ高価なサービスですので、比較検討材料が多いのも事実です。
今では多くの企業が同じようなサービスを提供しており、どこと契約することで一番お得になるのかよく吟味する必要があります。
通信速度をそこまで必要としない場合は、比較的安価な料金でインターネットサービスを利用することができます。
ただ携帯電話会社と契約をまとめることで、大きな契約特典を得ることができるのは言うまでもありません。
いまだに携帯電話会社とインターネット契約をする人が軒並み多いのも納得です。
光コラボはそれだけ携帯電話会社にとっても契約をする利用者にとってもメリットが非常に多い契約プランなのです。

解約の手順や解約金についても会社によって大きな差はないので、携帯電話会社であればどこと契約しても大きなデメリットが無いことも、現在のインターネット利用者の分布から明らかなとおりです。
今までであればNTT系のプロバイダやヤフーが利益を得てきた中で、携帯電話会社がプロバイダとして台頭している今日では、利用者にとってどこと契約するのが一番のメリットとなるかを考える選択肢が増えてきました。
そのような中で、逆にどこを選べばよいのか分からなくなってしまっているのもまた事実です。